★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ローズマリーの赤ちゃん

008.jpg

ローズマリーの赤ちゃん/ROSEMARY'S BABY
1968年 アメリカ映画
【監督】
ロマン・ポランスキー
【出演】
ミア・ファロー、ジョン・カサヴェテス、ルース・ゴードン、シドニー・ブラックマー

私の好きな女優というと多くはヨーロッパのお方。でも、アメリカ人にも好きな方々が幾人か居られる。その中で一等好きな女優というとミア・ファローなのだ。最も多 くの出演作品を観ているのもミアだと気付いたのは比較的最近の事。その数という点ではウディ・アレン作品が好きだという理由も重ねていると思う。ミアの主演作品で一等好きなのは「フォロ・ミー」だろうか?それとも・・・と色々浮かぶ。でも、これまで通り、先ずは最初の出会いからという事で、このコーナーは綴っていこうと思 うので、「ローズマリーの赤ちゃん」を。

これまたTVが最初。この少し前にシシー・スペイセクの「キャリー」もTVで観てシシー のファンになる。どちらも中学生の頃だったと記憶している。私はいわゆる"オカルト"というものが苦手だ。でも、サスペンス色の濃いオカルト、心理サスペンス、サイコホラー的な作品は割と好きな様だ。視覚的な怖さよりも心理的な切迫感に恐怖を感じる事もあると思う。怖いながらもその様な心理描写や心象風景を想像するのが好きなのかも知れない。特にこの「ローズマリーの赤ちゃん」はロマン・ポランスキー監督ならではの、また、1968年のN.Y.ならではの作り物ではない、あり得る怖さは今観てもヒヤリとする。だんだん、この日本でさえ正気と狂気の区別などつかなくなっているのだから。アイラ・レヴィンの原作をポランスキーが脚色・監督。主演のローズマリー・ウッドハウス役にはミア・ファロー、ご主人のガイ・ウッドハウス役には ジョン・カサヴェテス。カッコイイ!カサヴェテスまでもが??!!という最後まで一瞬の油断もできない構成進行。恐るべし!ポランスキーという所。

この作品はポランスキーの名作に間違いは無いと私は思っているけれど、このローズマリー役のミアの存在無くしては有り得ないと思う。仲睦まじい若い新婚夫婦がマンハッタンの古いアパートにやって来る。始終ミアのファッションが可憐でその印象が最初から強かった。そんなミアが髪をショートにして登場する辺りから、次々と誰も信じられない!という状況に追いつめられていく。でも、お腹には愛しい赤ちゃんが。この辺りは母としての強さをも感じる所。隣人の異様さ、時計の音・・・この舞台と なったアパートはダコタ・ハウス!(ジョン・レノンは此処で最期の時を過ごした)後半ますます神経症的な状態となるミアの演技は凄い。というか彼女ならではのエキセントリックさが見事に開花される迫真のミア・ワールドだ。エキセントリック・ミアの魅力爆発。演技をしている風でもないという気さえする。そして、あの華奢な身 体と可憐さ、可愛らしさが有ってこその怖さの増すシーンが後半隙のないテンポで観る者をも追いつめていく。

ミア・ファローはこの様な役がハマるのだけれど、それだけではない知的な都会の女性をも゛普通゛に演じる。大きく分けて極端な役柄を自然体で演じている様に感じる。そんな 所がとても好きなのだ。他には居ない風変わりな可愛いお方だと思う。特にこの時期 の作品に共通する、どことなくぎこちない動きとか歩き方とか最高!に好き。子供の頃に小児麻痺の為学校に行けず、お家で読書ばかりしていたという。裕福な家庭に育 ちながらもその様な孤独な少女期を過ごした。ミアは壊れてしまいそうな水晶玉の様でいて実は強靱な様でもある。それは彼女の自由さ!という生き方にも繋がるように 思う。(また、この辺りは違う作品で綴りたいと思う。)

この映画を語るときに忘れたくない音楽担当は、かのクリストファー・コメダである。 ポランスキーはこの作品以前からコメダと組んでいる。この「ローズマリーの赤ちゃ ん」で一躍脚光を浴びるのだけれど同じ年に美人女優の妻シャロン・テートと結婚。しかし、チャールズ・マンソン一派に身籠もっていた赤ちゃん共々惨殺されてしまう。 呪われているとしか思えないのはあのダコタ・ハウス...。ポランスキー作品には好 きな女優さまが多く出演しているから嬉しい。なので、これからもポランスキーの名 は出てくると思う。今もなお逃亡犯である(幼女暴行事件で実刑)この特異な監督は パリ生まれのポーランド育ち。でも、最もN.Y.の怖さを描くことが出来る様にも思え る。オープニングとエンディングに流れるテーマ曲も大好きだ。バックで儚く聞こえるスキャット・ヴォイスはミア・ファローである!この妄想か現実かの曖昧さの様な独特の残像までをも含み、全てに於いてサイコホラーの名作だと思う。

6008_0053.jpg

スポンサーサイト


  1. 2004/08/29(日) 12:15:38|
  2. 恐怖映画・サイコホラー・パニック|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ルー・サロメ 善悪の彼岸

ルー・サロメ 善悪の彼岸 ノーカット版 ルー・サロメ 善悪の彼岸 ノーカット版
監督:リリアーナ・カバーニ出演:ドミニク・サンダ、エルランド・ヨセフソン、ロバート・パウエル (1977年・イタリア/フランス/西ドイツ合作映画)

★ルー・アンドレアス・サロメ:LOU ANDREAS SALOME/ドミニク・サンダ:DOMINIQUE SANDA

  ああ、謎に満ちた生よ、わたしはおまえを愛する
  友がその友を愛するように
  おまえの与えてくれるものが歓びであれ、涙であれ
  幸福であれ、苦悩であれ ─
  おまえの悲嘆ともどもおまえを愛する
  そしてもしおまえがわたしを滅ぼそうというのなら
  わたしはおまえの腕から身をもぎ離そう
  友が友の胸から身をふりほどくように ─

  力の限りおまえを抱こう
  おまえの炎をわたしに燃えたたせよ
  灼熱の闘いのさなかになお
  おまえの謎をいや深く窮めたい!

  ああ 百千の歳月を生き 思索しぬきたい!
  さあ 両の腕にわたしを抱きしめておくれ
  そして もはや幸福を恵めなくなったら
  よろしい、おまえの苦悩を与えるがよい     「生への祈り」 ルー・サロメ


この詩に感涙した大哲学者ニーチェは曲まで作ったという。ルー・サロメ自身、大学生の時に書いたこの詩を生涯持ち歩いたとも。 この自らの詩、そのものの様に世紀末を生き抜いた美貌の才女。ニーチェの生涯中、もっとも謎とされる時期、このルー・サロメと弟子格の若き哲学者パウル・レーとの「聖三位一体」なる生活。 ニーチェを中心にこのルーの「自由なる生」を美しい映像で描き出したのは、あの「愛の嵐」のリリアーナ・カバーニ監督だ。作品名には「善悪の彼岸」と!そして、ルー・サロメ役はこのお方しか居ないだろう!というドミニク・サンダ様。 この1977年映画を80年代に映画館で観る機会に恵まれた。私の中でルー・サロメという女性はドミニク様と大いに重なり合い、ますます気になる存在となって行った。私は哲学研究者でも何でもない。ただ気になる存在だということ。 それが、ドミニク・サンダ、フリードリッヒ・ニーチェ、ルー・サロメという、私にとって嬉々なる組み合わせによる作品だった。こういう偶然性を愉しみながら今に至る様でもある。私如きが語る事さえ馬鹿げていると思う位、ニーチェはあまりにも難解だ。でも、好きなのだ。

ルーへの失恋から僅か10日で書き上げたと言われる「ツァラトゥストラはかく語りき」 の一部、そして完成。そして以前よりも孤独と苦悩は深まり数年後、彼は狂気に至る。 正気に戻ることなく1900年に世を去る。パウル・レーはというと、ルーとの5年間の 性的関係無しの同棲生活を送ったけれど、東洋語学者フリードリッヒ・カール・アン ドレアスとの結婚話を聞き自殺。しかし、この夫とも"性的関係は持たない。他の男 性との恋愛も許す。"という条件付きだった。そして、様々な新しい才能たちと親交 を結ぶ。ツェメクという精神科の医学博士との関係は妊娠もあり12年間続く。しかし、当時まだ無名の若き詩人、かのライナー・マリア・リルケ と出会う。復活祭的良き関 係は4年間。苦悩するリルケに、"その表現の苦闘は一人でこそ行わなければならないのだ"とルーは言い渡す。しかし、1926年、白血病でこの世を去るリルケはルーに手紙を書き続けた。 死の床でも「私のどこがいけなかったかルーに聞いて下さい。」と語ったという。嗚呼!リルケがまた好きな私であるのでここは辛い場面である。

20歳前後に書かれたと思われる「生への祈り」の詩そのものの!改めてこの「自由精神」におののく。頽廃と新しい文化運動や芸術の吹き荒れる世紀末ヨーロッパを生き、晩年はナチズム吹き荒れるゲッティンゲンで精神分析の研究を続け、1937年75歳で生涯を閉じた。晩年の最良の友人であったのはジクムント・フロイト。

「友情の三位一体」と題された写真。また有名な21歳時の高貴な黒いドレスに身を包む凛々しいお姿。容易にドミニク様を連想させるのだった。カバーニ監督が女性である事、女性による審美眼というものがあるならば、私はどうもこのカバーニ作品達と異常な相性の良さを感じてならない。

ルーの徹底したエロスの拒否はいったいどこから来るのか?という問題は様々な意見が有るようだ。真実など分からないけれど、ルーはロシアのペテルスブルグに生まれ、5人の兄達に囲まれて父に溺愛されて育った何不自由ない生活。 そして、当時のロシアでは仮想結婚が流行っていたという。そんな中、ルーは病弱だったけれど革命運動や女性解放運動への関心を強めていった...この様な少女期の環境・状況にもとても興味がある。 裕福な生活よりも自己の表現を求めて稀なる女優となったドミニク様。やはり、他の誰にもこのルー役は適さないだろう!と確信するのだった。

0002_3.jpg



続きを読む→
  1. 2004/08/15(日) 11:21:21|
  2. 伝記・実在の人物を描いたドラマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アナ・トレント

0001.jpg

アナ・トレント:ANA TORRENT 1973年

後にも先にもこんな少女子役は現れないだろう!アナ・トレントは奇蹟の深い眼差し で演技を超える。言葉以上にあの目が静かに語るのだ。「眼を瞑り、語りかければそ れは現れる、ソイ・アナ」・・・純粋に闇をも見つめる少女。姉役のイサベルの可愛 らしさとは異質の絶対的な存在感で観る者を釘付けにする。恐ろしい程可愛い神秘の アナ・トレント。「ミツバチのささやき」の頃のアナは6~7歳。現実と幻想の区別な ど考えもしない頃。でも孤独や悲しみや死を透視しているかの様。そんなアナ・トレ ントをビクトル・エリセ監督は静かに美しく映像化した。映画の内容は深い。ここで は胸が痛くなる程可愛いアナをそっと、ただそれだけで充分なのだ。



続きを読む→
  1. 2004/08/10(火) 00:28:45|
  2. 銀幕の少年少女たち(『クララの森・少女愛惜』へ!)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

黒衣の花嫁

007.jpg

黒衣の花嫁/LA MARIEE ETAIT EN NOIR
1968年 フランス・イタリア合作映画
【監督】
フランソワ・トリュフォー
【出演】
ジャンヌ・モロー、ジャン=クロード・ブリアリ、ミシェル・ブーケ、クロード・リッシュ、シャルル・デネ

ジャンヌ・モロー!この今もなお現役の大女優。好きな作品は数知れず。その中から先ず、初めて観た作品を取り上げようと思う。これもTVで放映されたのが最初。同じ頃、「雨のエトランゼ」もTVで。なので、長年その2作がごちゃ混ぜになっていた程の衝撃作だった、どちらも。それから年月が経ち自分でもこの「黒衣の花嫁」を購入する事が出来、今までに幾度と無く観ている。やっぱり好きなのだ。

「突然炎のごとく」のカトリーヌの笑顔も好きだけれど、ビリー・ホリディのレコードを持つエヴァ、そして、この「黒衣の花嫁」のジュリーも好き。魔性の女を演じる方が好きだとも言える。あの強い視線に圧倒され引き込まれていくのだ。これぞ!映画の魔力なり。
「黒衣の花嫁」はフランソワ・トリュフォー監督の長篇第6作目で、コーネル・ウールリッチの原作をトリュフォーとジャン・ルイ・リシャールが脚色したもの。ウールリッチはアメリカの推理作家ウィリアム・アイリッシュの別名でもある。トリュフォー作品の中でも極めて珍しい殺人劇、それも華麗なる映像で描かれていて、そして、ヒッチコックの影響を随所に感じさせる、やっぱりこよなく映画を愛する映画人:トリュフォー万歳!という感じ。ラウール・クタール(ヌーヴェル・ヴァーグを代表する!)のカメラワークと共に、この絶妙なテンポを刻む音楽担当はバーナード・ハーマン(ヒッチコック映画を数多く手掛けている)。

さて、この結婚式の日に愛する夫を殺されてしまった花嫁ジュリー。その復讐の為に華麗なる殺人を計画し、次々と実行していく。何故?私はこの作品が初めてのジャンヌ・モロー出演作でトリュフォー作品なのだろうか?とも思うけれど、ドキドキしながらTVに釘付けとなったのだ。そして、脳裏に焼き付いたのだから仕方がない。画家のフェルギュスが描いた理想の女性像はジュリーに瓜二つ。そのベッドに横たわる女性像、狩猟の女神:ディアナと化して現前する辺りは特にゾクゾクするシーンだ。クールで鮮やかな身のこなし、ピエール・カルダンの黒と白のみのモローの衣装の鮮やかさ。

この作品はモロー主演作で一等好きなものではない。トリュフォー作品としても。でも、最初の出会い。それもとてもスリリングな感覚を強く受けたものとして。ジャンヌ・モローもやはり、このジュリーの様に情念の女を演じたものが好き。またそれらについても綴るのだと思う。そして、歌うジャンヌ・モローも同様にとても好きなのだ。決して上手い訳ではないけれど、イイ雰囲気♪を漂わせている。恋多き女性と言われ、人生に恋をしながら生きてきたというこの大女優さま。今年76歳!端役となっても今なお凛!とした存在感で現役だ。親交の深かったマルグリット・デュラス役を演じた「デュラス 愛の最終章」も記憶に新しい。嗚呼!「インディア・ソング」が頭の中で流れ出す様だ。これまた大好きな曲!

  わたし 栄光なんか信じないわ
  そんなものは関係ない
  幼かったとき
  わたしはただひとつのメロディー
  ひとつの詩編
  <芸術>のなかの一存在でありたかったの
  わたしは女優
  それは 詩のなかのどこかに存在する
  仕方なんじゃなくて?           (ジャンヌ・モロー

古い本に記されたモローの詩で今回は終えよう・・・この詩そのもの!
なんて素晴らしいのでしょう☆


  1. 2004/08/08(日) 11:48:23|
  2. サスペンス・ミステリー・ハードボイルド|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。