★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 シェカール・カプール監督 (2007年)

ELIZABETH3
エリザベス:ゴールデン・エイジ/ELIZABETH:THE GOLDEN AGE
2007年・イギリス/フランス合作映画
監督:シェカール・カプール 衣装デザイン:アレクサンドラ・バーン 音楽:クレイグ・アームストロング、アル・ラーマン 出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、アビー・コーニッシュ、クライヴ・オーウェン、リス・エヴァンス、ジョルディ・モリャ スペイン、サマンサ・モートン、トム・ホランダー

上映最終日にどうにか間に合った。前作『エリザベス』から9年(公開まで10年)、再び大好きなケイト・ブランシェットがエリザベス一世を演じるのだから!この"エリザベス”はケイト・ブランシェットの女優としてのキャリアの大きな飛躍となった役柄。私はその前の『オスカーとルシンダ』も大好きな映画なのでこうしてケイト・ブランシェットを追いかけている。ますます演技派女優としての道を奢り高ぶることなくご自分のペースで様々な役柄(商業主義に走ることなく、主演も脇役も)を演じ続けていることは素敵だと想う。そして、相変わらずお美しい☆

私はこのような歴史劇が好きな上に、英国という長い歴史を持つ国が好き。ヴァージン・クィーンと呼ばれたこのエリザベス女王に興味を抱かぬはずはない。なので、それらの書物を読んだりという趣味は続いている。こういうことが何になるのだろう...とも時間の無い中複雑な気持ちにもなるのだけれど、もう今更軌道修正不可能なのでこのまま年老いるのだと想ったりしている。でも、私の心は満たされるのだ。その喜びはかけがえの無いものだと想う。

お話はだいたいのイメージ通りだった。2時間という限られた時間ではやはり描ききれないものがあったのだとも想う。でも感動した!もうすべてはケイト・ブランシェットに尽きる!!と言える私のミーハーさはスペインとの海戦シーンでの鎧を纏い指揮する長い髪のエリザベスの勇士よ!そのシーンが最も泣いた(多分、他の方々の感動シーンとズレていると想うけれど)。ただただ凛々しくて神々しくて、私も彼女に付いて戦おうと想えたのだ(単なる感情移入)。豪華なお衣装や次々と変るヘア・スタイル(かなりの鬘のコレクションをお持ちだったそうだ)や、前作に続いてジェフリー・ラッシュがフランシス・ウォルシンガムを演じていた。このオーストラリアの演技派ふたりの他には英国俳優が脇を固めていた。べス役のアビー・コーニッシュは可愛いし、スコットランド女王メアリー役のサマンサ・モートン、ローリー役のクライヴ・オーウェン、ロバート・レストン役のリス・エヴァンス...とお気に入りの演技派・個性派揃いで嬉しかった。また、音楽も終始美しく響いていた。とは言え、やはりケイト・ブランシェットに尽きるのでした★

ELIZABETH2
☆凛々しいお姿のケイトにうっとり♪
スポンサーサイト


  1. 2008/03/25(火) 12:00:48|
  2. 歴史劇・時代劇・西部・開拓史劇|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キングダム・オブ・ヘブン

2006-08-06.jpg

キングダム・オブ・ヘブン:KINGDOM OF HEAVEN
2005年 アメリカ映画 リドリー・スコット監督

出演:オーランド・ブルーム、エヴァ・グリーン、ジェレミー・アイアンズ、リーアム・ニーソン、エドワード・ノートン、デヴィッド・シューリス、ブレンダン・グリーソン

最近はというと、実は横溝正史大会状態だった。もう何年前になるだろうか?TVで横溝正史の金田一耕介シリーズが毎週放送されていた。次週に”つづく”ので待ち遠しくしていたものだった。それとは別に劇場版もいくつか観ているのだけれど、いずれも1度ずつのみ。そして、かなり年月が経った今、何故だかまた観たくなってしまった。観たのは市川崑監督のシリーズ5作。金田一耕介役の石坂浩二を始め、私の好きな役者さんがどれにも出ているので。かなり記憶があやふやになっていて、同じタイトルでもテレビ版と映画版が混合されている状態だったのでスッキリした。どれも好き。やっぱり岸恵子さんが出てくると嬉しくなるのだった。でも、『病院坂の首縊りの家』が特に新鮮に新たに焼きついたような気がする。佐久間良子さんもお美しいけれど、桜田淳子(当時19歳か20歳位?)の美少女ぶりにドキドキした。お話がそれるけれど、私の母は山口百恵のファンで引退時も大騒ぎしていた、「百恵ちゃん、百恵ちゃん」と。私は桜田淳子派だった。まぁ、そんな懐かしい記憶や思い出と共に、邦画はどうしても昭和ものが好きで仕方がないみたい...。

今大ヒット公開中!の『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』。ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイと揃い組。まだ、こちらは未見なのだけれど、やっと『キングダム・オブ・ヘブン』を観た。歴史劇で登場人物の名前が一致しないので3度観た。145分の大作ながら長さは全く感じなかった。また、ここでもご贔屓のジェレミー・アイアンズが脇で渋い存在感を発揮。2/3程過ぎた辺りからもう登場されないのでそこから少しクールに観ていた。映画の見方にも色々あるのだろうけれど、私はいつもこんな感じ。リーアム・ニーソンは序盤に少し登場するのみだった。主役はオーリーこと、オーランド・ブルームな訳でこの新しきスター(アイドル)は予想以上に良かった(ファンの皆様には叱られそうだけれど)。良い意味でのアクの無さがこのバリアン役に合っていた様に思えた。ほとんど、男騒ぎする中、そのバリアンのロマンスも織り交ざっていて。そのヒロイン、エルサレム王の妹シビラ役のエヴァ・グリーンは、まだ何か開花前という感じだけれど、この上映前にオーランド・ブルームと一緒に来日キャンペーンのインタビューを観た時に、「あっ、好き♪」って彼女ばかり見ていた。英国で演劇の勉強や生活をされていたそうだけれど、パリ生まれのフランス人。お母様はマルレーヌ・ジョベールだと知った時は驚いた。だって『雨の訪問者』大好きなので~★

全く、映画の内容に触れずに相変わらずミーハーな見方をして喜んでいる私。片方の目の辺りに縦に傷を負ったアイアンズ扮するティベリアス。この出演前にかなり「十字軍」についての歴史を研究されたそうだ。12世紀のフランスが舞台。キリスト教徒とイスラム教徒の共存する世界。そして聖地を巡っての争い。この古い史実は歴史の授業で少し習った程度の私。でも、この21世紀の今も昔から変わらない、変わっていないものがあるのだとこの映画はお説教がましくなく私に教えてくれた。そんな気がした。評価は色々あるのだろうなぁ。でも、素人感覚なのであの壮大なスケールには感動してしまう。多くの騎士たち(エキストラや馬の数を考えただけでも)、戦闘シーン。そうそう、私はライオンの次に馬(白馬ならさらに!)が好きで、それに騎士たちの勇姿(日本だと武士、サムライも)って好きなのだと思う。インディペンデント映画ではあの醍醐味は予算がないので無理だもの。映画ってお金が沢山掛かっていれば良いのでもないし、低予算での製作だからダメでもない。そして、その逆もある。そして、ハリウッド大作だからとか、人の知らないマニアックな作品だから...とか、そういう見方は楽しくないなっ。そんな事もよく感じる今日この頃。


  1. 2006/08/06(日) 08:35:23|
  2. 歴史劇・時代劇・西部・開拓史劇|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ミッシング

2005-05-22.jpg

ミッシング:THE MISSING
2003年 アメリカ映画 ロン・ハワード監督

出演:トミー・リー・ジョーンズケイト・ブランシェットエヴァン・レイチェル・ウッド、ジェナ・ボイド、アーロン・エッカート、ヴァル・キルマー

ケイト・ブランシェットトミー・リー・ジョーンズの共演と知り観たのだけれど、とても感動した。大体、父と娘ものには弱く、ご贔屓女優さまであるケイト・ブランシェットが出演していてつまらないと思った事などないのだ。

19世紀末のアメリカ、コロラドを舞台に嘗て家族を捨てアパッチ族としての生活を選んだ父、その娘は今は女手一つで2人の娘を育てながら村で女医としての日々を送っていた。許せない父がその村へひょっこりと現れる。そんな中、長女が人買いインディアンに連れ去られてしまうところから救出までのインディアンとの闘いの中、蟠りのある父と娘、祖父と孫娘との関係、絆の強さが大袈裟でなくひしひしと伝わる、この滲み出る個々の心はとても美しいと思った。それは、彷徨う心のままに生きる父(トミー・リー・ジョーンズ)と、娘マギー(ケイト・ブランシェット)の演技力、表現力は大きいものだ。勇敢なマギーの姿は母としての愛の深さを感じたし、一緒に闘う中で次第に許せない父の心に歩み寄って行くかの様な複雑な心理を表情でよく感じる事が出来た。本当に素晴しい女優さまだと思えてならない。

また、マギーの娘のリリー(エヴァン・レイチェル・ウッド)の美しさはますます光り輝きうっとりしてしまう。でも、末娘ドット(ジェナ・ボイド)がまた可愛くてしっかり者で微笑ましかった。撮影当時9歳か10歳なのだけれど、とてもしっかりしていてかつ、可愛い子供らしさが愛くるしい。(この作品後、ジェナ・ボイドは再度トミー・リー・ジョーンズと共演した作品がある様なのでまた観てみたいと思う。)

あまり西部劇を沢山観る方ではないのだけれど、往年の西部劇の快活さと勇敢さを感じ観ていてとても楽しく「どうなるのだろう~」ってのめり込んでしまうのだ。魔術を使って呪いをかけるインディアンの総長は気持ち悪く怖かった。でも、最後は連れ去られた娘たちも助け出せ人買いインディアンもやっつけた。でも、死なないで欲しいと思いながら観ていたけれど嫌な想像通りに父はその村で死んでしまう。トッドはおじいちゃんにとてもなついていた。許せない父と一緒に闘う中で、その死と共に、やっとマギーの心は浄化され父と娘という断ち切れない絆、血縁の強さの様なものを痛感した。アメリカではあまり評判は良くなかったそうだけれど人それぞれ。私はとても感動した!トミー・リー・ジョーンズはお年と共に独特の渋さを醸し出している様に思う。今年のカンヌ映画祭でも男優賞を受賞された式を生放送で観ていたのだけれど、何故か思わず拍手をしていた私。良かった!


  1. 2005/05/22(日) 06:21:34|
  2. 歴史劇・時代劇・西部・開拓史劇|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

仮面の男

2005-02-26.jpg
仮面の男:THE MAN IN THE IRON MASK
1998年 アメリカ映画 ランドール・ウォレス監督

出演:レオナルド・ディカプリオジェレミー・アイアンズジョン・マルコヴィッチジェラール・ドパルデューガブリエル・バーンアンヌ・パリロー、ジュディット・ゴドレーシュ

もっと早く観れば良かった~!とても楽しかった。レオナルド・ディカプリオのファンの方は多いと思うので、脇を固める四銃士の中年名優様たちの存在感を感じて頂けたと思う。私は逆なので、あまり興味の無かったディカプリオの良さを感じる事が出来た。でも、お目当てはジェレミー・アイアンズガブリエル・バーン

アレクサンドル・デュマの「鉄仮面」の映画化なので、フランスのルイ14世時代の歴史劇。この映画の主役はアイアンズ(アラミス)、マルコヴィッチ(アトス)、ドパルデュー(ポルトス)、バーン(ダルタニアン)の四銃士だ。うん!間違いない。でも、明らかに肌の艶などの違うお若いディカプリオも二役を好演していたと思う。ルイ14世と双子の幽閉されていた鉄仮面の弟フィリップを。

好きな作品によく出演されているけれど、どうも苦手なドパルデューも滑稽な役柄で可笑しかった。やっぱり上手い役者さんだ。頭は禿げているけれど渋い演技を見せるマルコヴィッチはここでも素晴らしかった。バーンはここではブロンドの横分けの長髪で今まで観た作品中、最も美しかった。大好きなアイアンズは、やっぱり素敵~!ドパルデューって大きいのだけれど、身長はアイアンズが一番高かった。スラリと凛としていらっしゃる。お髭の感じや神父という役柄からロバート・デ・ニーロと共演した名作「ミッション」を思い出したり。最後の方でこの中年四銃士が若い騎士に走り立ち向かって行くシーンでは泣いてしまった。でも、4人とも生きていた。その勇姿に若い騎士達は圧倒されてしまう。勇者達の美!

結構、コメディっぽいシーンも多くクスクス笑ったりもした。皇后様にはアンヌ・パリローだったのも嬉しかった。でも、もう母親役をされるお年になってきたのだぁ...と。でもまだまだお綺麗だ。「ニキータ」が代表作かもしれないけれど、私は髪の長いアンヌ・パリローが好き。華奢な身体で色んな役をこなすお方だ。アラン・ドロンとの「危険なささやき」やダニエル・オートゥイユとの「悪魔の囁き」、デビュー作の「ガールズ」(これは試写会のチケットが当選して母と行ったのだ)、音楽は10ccだった。内容はあまり覚えていないけれどラブリーなハイティーンの女子達の青春ものだった。でも、テーマ曲は今でも浮かぶ。

偏見は損をする。そして、この映画は四銃士の見事な揃え方に勝利あり!また、観ようと思う。今度はもっとお衣装などもじっくりチェックしたり、アインアズの馬車に駆け乗るシーンの格好いいシーンとか...。ジュディット・ゴドレーシュも可愛かったし(自殺してしまうけれど)。

英仏米から個性的な演技派が揃って見応え充分。満足、満足な見終えた後の気分も良い作品だった。名作かと言われるとそんなのは後回し~っていう感じ。見所が多いのは何度も楽しめるから好き。


  1. 2005/02/26(土) 02:38:50|
  2. 歴史劇・時代劇・西部・開拓史劇|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。