★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ナイト・オン・ザ・プラネット

2005-12-03.jpg

ナイト・オン・ザ・プラネット:NIGHT ON EARTH
1991年 アメリカ映画 ジム・ジャームッシュ監督

出演:ウィノナ・ライダージーナ・ローランズアーミン・ミューラー=スタールロベルト・ベニーニベアトリス・ダル、マッティ・ペロンパー、ジャンカルロ・エスポジート
音楽:トム・ウェイツ

また大笑い!ビデオを持っているのだけれどTVで久々の遭遇。ジム・ジャームッシュ監督作品を最初に観たのは「ストレンジャー・ザン・パラダイス」。ミーハーなのでここでもカッコイイ!ジョン・ルーリーがお目当てだった。元々、ニューヨークの音楽も好きなので、アート・リンゼイ達と共に在籍していたラウンジ・リザーズから知っていたお方。ジャームッシュ作品から役者としても名が知られる様になったのではないだろうか。

この5話からなるオムニバス形式の「ナイト・オン・ザ・プラネット」はジャームッシュ作品だという事と、ウィノナ・ライダー(特に二十歳前後辺りのウィノナは活き活きしていて好き!)が出演しているというので楽しみに観たものだった。

でも、久々に観て、やっぱり好きなお話は2話。とっても愉快!ドイツの名優アーミン・ミューラー=スタールは流石にいい雰囲気をさり気なく醸し出していた。乗車拒否ばかりされていたヨーヨーがやっと乗れたタクシーなのだけれど、運転手のヘルムートは運転も不慣れで英語も覚えたてのニューヨークで働いている中年のおじさん。ヨーヨーも「ヘルムート」の響きがピンと来ないので「ヘルメット」と思い込みゲラゲラ笑う。最後まで彼はヘルメットと言っていた。乗客が運転して行くのも可笑しいし、帰り道が不安ながらも夜の景色を見つめてヘルムートは楽しそうでもあった。

ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキという五箇所が舞台、それぞれ楽しい。ベニーニの4話も好きだけれど5話も。これまた、フィンランドの演技派マッティ・ペロンパーがいい感じ。ペロンパーというとアキ・カウリスマキ作品の常連だけれど「愛しのタチアナ」が遺作だろうか・・・他界されてしまった。ジャームッシュはキャスティング・センスも良い!そして、今ではファミリー的存在のベニーニも監督としても評価されているし、御大トム・ウェイツも今作では音楽担当。彼が出ていたらもっと笑ったと思う。音楽家としてのトム・ウェイツも当然素晴しいのだけれど、私はちょこちょこ色んな作品でトム・ウェイツが現れると嬉しくてたまらない。だって、あのまんま!なので。「ランブルフィッシュ」は役者として初期の出演作のようだ。これも、また観たい気分。

ジャームッシュは2005年のカンヌでグランプリ(パルム・ドールはダルデンヌ兄弟だった)を受賞。ヨーロッパでの評価が高い監督。それも何となく納得できる気がする。余談ながら、今年のカンヌ映画祭をTVで観ていたのだけれど、クローネンバーグ監督のカッコ良さ!にドキドキした。私の脳内美中年系譜の中で一際ヒリヒリとした存在のお方だったりもする。わぁ、楽しい~♪
スポンサーサイト


  1. 2005/12/03(土) 07:50:53|
  2. 短編・オムニバス映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ボッカチオ'70

2005-02-24.jpg
ボッカチオ'70:BOCCACCIO '70
1962年 イタリア映画 マリオ・モニチェッリフェデリコ・フェリーニルキノ・ヴィスコンティビットリオ・デ・シーカ監督

出演:マリサ・ソリナス、ジェルマーノ・ジリオーリ、アニタ・エクバーグ、ペッピノ・デ・フィリッポ、ロミー・シュナイダー、トーマス・ミリアン、ソフィア・ローレン、ルイジ・ジュリアーニ

なんて豪華~!とやっぱりウットリ。ヴィスコンティ作品(それも、ロミーを観たいばかりに)が収録されていると知り観てから、かなり暫く観る機会が無かったのだけれど、今こうして再会出来てとても、とても嬉しい!簡単にメモしておこう~っと。今では、好きな監督さんばかりなので、とても長くなりそうだから。

14世紀のイタリアのかのボッカチオの「デカメロン」をテーマにイタリアの4人の巨匠監督達で構成された、4話のオムニバス映画。でも、やっぱり第3話が好き!お婆さんになっても、ヴィスコンティの映画を何度も何度も観ていると思うくらいに大好き!(でも、4話ともそれぞれ美しく愉しいと断言しておかなくては。)

4つのお話のタイトルは、「レンツォとルチアーナ」(モニチェッリ)、「アントニオ博士の誘惑」(フェリーニ)、「仕事中」(ヴィスコンティ)、「くじ引き」(デ・シーカ)。女優様陣がとにかく豪華絢爛!お衣装から装飾、美しい色彩の中で、さらに煌びやかに輝くお方ばかり。でも、やっぱり、ロミー贔屓な私。この頃はまだ20代なのでとてもお若いなぁ~。可愛らしい。10年後、同じくヴィスコンティの「ルートヴィヒ/神々の黄昏」に出演されるけれど違う魅力をさらに漂わせていた。ロミー・シュナイダーは稀なる高貴な美しさ。ただ美人さんの女優様には興味がないのは、きっと10代の頃にこの様に素晴らしき個性美と存在感を備え持つ女優様を知ったからだとも思う。ロミーは不幸な死を迎えてしまうけれど、こうして映画の中でお会い出来るので幸せだ。

ロミーの事ばかり綴りそうなので、音楽について。これまた素晴らしい!ピエロ・ウミリアーニ、ニーノ・ロータ、アルマンド・トロヴァヨーリが担当!(ロータはフェリーニとヴィスコンティの2話を担当)。

ロミーの「チャオ...」と右目に大きな一粒の涙を浮かべるシーンの美しさ!真珠のネックレスをしているのだけれど、その涙の方が美しい~と思えるくらい。

嗚呼、幸せ、幸せ★やっぱり、欧州映画が好き。

表紙にマリサ・ソリナスが載っていないのは、劇場公開時は3話作品(マリオ・モニチェッリ作は省かれていたそうだ!)として公開されていたからだろうか?公開時に忠実にってちょっと変だし...だいたい、よく再販されるジャケットに納得いかない事の多い我が儘な私ではある。


  1. 2005/02/24(木) 02:29:00|
  2. 短編・オムニバス映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。