★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『アンナ』の映画とサウンドトラック(セルジュ・ゲンスブール)

アンナアンナ/ANNA
1966年・フランス映画
監督:ピエール・コラルニック 撮影:ウィリー・クラン 作詞・作曲:セルジュ・ゲンスブール 音楽:ミシェル・コロンビエ 出演:アンナ・カリーナ、ジャン=クロード・ブリアリ、セルジュ・ゲンズブールマリアンヌ・フェイスフル


『アンナ』(1966年)は、『ガラスの墓標』のピエール・コラルニック監督作品(思い込みで暫くセルジュが監督だと勘違いしていた)。主演はこれまた大好きな女優さまのおひとりであるアンナ・カリーナ♪そして、去年お亡くなりになられたジャン=クロード・ブリアリ、パーティー・シーンで可憐に登場され歌われるマリアンヌ・フェイスフルさま♥お話云々以前の歓喜!映像も綺麗で音楽も最高!アンナ・カリーナの魅力に溢れている。丸い黒ぶちの眼鏡が欲しいなぁ~♪と思ったり、公開時に着もしないのにTシャツを買ったり大騒ぎしていた。DVD化されすぐに買った。大好きな方々が勢揃い!中でもマリアンヌ・フェイスフルの登場シーンばかり繰り返し観ていた。この頃のマリアンヌさまは既にドラッグを始めていたので、どうも目が虚ろ。可憐で儚い可愛らしさで、当のご本人まで夢うつつ♪な感じ。そんな時代の空気感がファッションなどにも顕著でとてもカラフル・ポップ!劇中でアンナ・カリーナが歌うとってもカッコよくてキュートな『ローラー・ガール』や、『太陽の真下で』は”名曲!”という成句を軽く遥かに超えた素晴らしい楽曲★

この映画はアンナ・カリーナの為に、讃えるかのように製作された映画だと想う。長い間公開されずにいたけれど拝見できたことを幸せに想う。セルジュの音楽(サウンドトラック)の素晴らしさ抜きには語れないと想う。セルジュは勿論!アンナ・カリーナやのジャン=クロード・ブリアリの歌声も聴ける♪また、ミシェル・コロンビエもとても好き!とりわけこの時期は神懸り的に想える程に相性が良い私。

annacinemachouchou

スポンサーサイト


  1. 2008/07/07(月) 21:39:54|
  2. 映画と音楽:好きなテーマ曲・サントラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ケイト・ブッシュの 『ライラ』★『ライラの冒険 黄金の羅針盤』の主題歌

GOLDEN COMPASScinemachouchou
黄金の羅針盤 ライラの冒険/THE GOLDEN COMPASS
2007年・アメリカ映画
監督・脚本:クリス・ワイツ 原作:クリス・ワイツ 撮影:ヘンリー・ブラハム 衣装デザイン:ルース・マイヤーズ 音楽:アレクサンドル・デプラ 出演:ダコタ・ブルー・リチャーズ、ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ、サム・エリオット、エヴァ・グリーン、クリストファー・リー、 トム・コートネイ 、 デレク・ジャコビ、クレア・ヒギンズ

1ヶ月更新していないと広告が入るようになったFC2様のブログを無料でお借りしているので、もう少し更新するようにしよう!主人公のライラ・ベラクア役のダコタ・ブルー・リチャーズと、ニコール・キッドマン(ファンタジー大作は初出演!)とエヴァ・グリーンがやっぱり素敵だった。この可愛い少女子役のダコタ・ブルー・リチャーズのことは『クララの森・少女愛惜』で少し触れました。

三部作なので、次回作公開までに原作を全部読んでおきたいと想っているところ。今回、この映画の楽しみのひとつは主題歌をケイト・ブッシュが歌っていること!作品のイメージにもお似合いだと想う。

『ライラ』 ケイト・ブッシュ

救いはどこにあるの?
夢がなかったら安らぎの家もない
どうすればいいの?
方法はあるはずよ
嵐を抜け出して
安らぎの家は見つかるわ
ダイモンが彼女に寄り添い
頼もしい味方も後ろに控えてる
ライラ
ライラ 彼女の顔は使命に燃える
周りではふたつの世界が衝突し
彼女の胸の奥に横たわる真実
ライラ
星たちが彼女を見下ろす
暗闇に包まれていても
ライラ
未来はどうなるか誰にも分からない
でも彼女のそばにいたい
私たちの愛をそそぎながら
ライラ
ダイモンが彼女に寄り添い
頼もしい味方も後ろに控えてる
ライラ
ライラ 彼女の顔は使命に燃える
周りではふたつの世界が衝突し
彼女の胸の奥に横たわる真実
ライラ



GOLDEN COMPASS1cinemachouchou
☆勇敢で可愛いライラ♪



  1. 2008/04/26(土) 18:02:21|
  2. 映画と音楽:好きなテーマ曲・サントラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『STRIP-TEASE』 1963年・フランス映画

StripTeasecinemachouchou
★このシングルに写る素敵な女性はニコ(NICO)です♪

ジャック・ポワトルノ-監督による1963年(アメリカ公開は1965年だそうだ)作品で、日本では未公開のままの映画。私はセルジュ・ゲンスブールが好きなので楽曲を追ってゆく中でこの映画音楽を担当していることを知った。早くに書こうと想っていながら、カテゴリ分けをしているもので、重複することも多く、何処に綴ろうか...と想っていた。さっさと記録しておかないと忘れるので今日記しておこうと想う。

セルジュの歌も勿論好きだけれど、インスト曲や映画音楽にも好きな楽曲はいっぱい!素晴らしいソングライターだと想う。この映画音楽の主題歌はシャンソン界の御大ジュリエット・グレコが歌っている。しかし、本来はかのニコ(NICO)が先に録音していたもので、ニコは歌いかったそうだけれど、ドイツ語混じりのフランス語、歌唱力、表現力の点で、この時期のニコよりもジュリエット・グレコに変えられてしまったのは仕方が無いとも想う。セルジュの映画音楽集の中で初めてニコのこの曲を聴いた時の驚き!!その時はまだこの映画のことをちっとも知らなかったので。セルジュとニコが1962年12月の冬のパリのスタジオで、ご一緒にお仕事をされていたのだと想うと夢うつつ...♪まだ、ニコは音楽デビューする以前で、モデル、女優として活動されていた頃のこと。音楽は全てセルジュの担当なので、是非!この映画を全編観てみたいと願う。

※ニコ(NICO)のカテゴリへ続けます☆

  1. 2008/01/20(日) 18:10:58|
  2. 映画と音楽:好きなテーマ曲・サントラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フランソワ・ド・ルーベ

9fed2bcdd9b8e2ae3cec9359fec4a930.jpg

フランソワ・ド・ルーベ:Francois de Roubaix
生年月日:1939年4月4日 フランス・パリ生まれ 
没年:1975年11月22日

映画音楽というとフランス映画に好きな曲が多い。中でも一等好きなのがフランソワ・ド・ルーベ。海を愛し潜水中に亡くなってしまった。テレビ映画や短編映画などを含むと120以上の作品を手掛けていたそうだ。まだまだ名曲を残したに違いないお方なので、とても惜しい。でも、残された楽曲たちは映像と共に永遠。最初に好きになったのは『冒険者たち』。ド・ルーベというと、ロベール・アンリコジョゼ・ジョヴァンニ、リノ・ヴァンチュラ、アラン・ドロン、ジョアンナ・シムカス、ロミー・シュナイダー...と私の好きな人達が次々と連想される。色んな名曲があるけれど、まだ知らない曲もあるけれど、あまり音楽家!っていう感じがしない。自然に奏でる哀愁を帯びた曲、ちょっと風変わりな曲...さり気なくていい。口笛が印象的な『冒険者たち』のテーマ曲「愛しのレティシア」。アラン・ドロンの歌声も聴けるので急に聴きたくなってはレコードに針を下ろし、青い海と空、そして男のロマンや友情を想いちょっと切なくいい気分になる。

◆代表作◆
追想(1975)
ラ・スクムーン(1972)
ラムの大通り(1971)
パリの気まぐれ(1970)
ジェフ(1969)
オー!(1968)
さらば友よ(1968)
若草の萌えるころ(1968)
悪魔のようなあなた(1967)
サムライ(1967)
ベラクルスの男(1967)
冒険者たち(1967)
生き残った者の掟(1966)




  1. 2006/05/31(水) 22:28:59|
  2. 映画と音楽:好きなテーマ曲・サントラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

8人の女たち

8人の女たち デラックス版8人の女たち/8 FEMMES デラックス版
2002年・フランス映画
監督:フランソワ・オゾン 出演:ダニエル・ダリュー、カトリーヌ・ドヌーヴ、イザベル・ユペール、ファニー・アルダン、エマニュエル・ベアール、ヴィルジニー・ルドワイヤン、リュディヴィーヌ・サニエ、フィルミーヌ・リシャール


フランソワ・オゾン監督の素敵な映画「8人の女たち」のサウンドトラック。出演する8人の女優さま達が映画の中で歌われる、その楽曲、雰囲気と各人素敵過ぎる。

リュディヴィーヌ・サニエはシェイラが歌った「パパは流行遅れ」。イザベル・ユペールはフランソワーズ・アルディの名曲「告白」。ファニー・アルダンはニコレッタ(オリジナルはスタイリスティック)の「愛のすべて」。ヴィルジニー・ルドワイヤンはマリー・ラフォレの「モナムール・モナミ」。フィルミーヌ・リシャールはダリダの「ひとりぼっち」。エマニュエル・ベアールはコリンヌ・シャルビーの「裏か表か」。カトリーヌ・ドヌーヴはシルヴィ・ヴァルタンの「あなたは決して」。そして、ダニエル・ダリューはジョルジュ・ブラッサンスの「幸せな愛はない」と並ぶ。(ルイ・アラゴンの詩にブラッサンスが曲を付けた名曲中の名曲!)

切なく胸に響く「幸せな愛はない」を大女優かつ歌手であるダニエル・ダリューが歌う。こんなに説得力というか出来過ぎな選曲と映画の内容なので、静かに込み上げる感動を抑える事が出来ないでいた...。個人的にも大好きな曲で、ブラッサンスのオリジナルを聴く以前にアルディの歌声で知る事が出来たのだった。


  1. 2005/05/29(日) 11:36:59|
  2. 映画と音楽:好きなテーマ曲・サントラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『ロッキー・ホラー・ショー』のテーマ曲

2005-04-19.jpg


SF怪奇映画 2本立て
ドクターXが 人造人間を作って
宇宙人が闘うお話
ブラッドとジャネットも登場
もう1本は A・フランシス主演
"禁断の惑星"
さあ ごらん 深夜の2本立て
見なきゃ損だよ
行こうよ 深夜の2本立て
RKO映画
行こうよ 深夜の2本立て
後ろの席で見ようね
行こうよ 深夜興行 2本立て映画

「Science Fiction/Double Fature:SF怪奇映画2本立て」の字幕より

歌:リチャード・オブライエン


「ロッキー・ホラー・ショー」:THE ROCKY HORROR PICTURE SHOW
1975年 イギリス映画 ジム・シャーマン監督
出演:ティム・カリー、スーザン・サランドン、バリー・ボストウィック、リチャード・オブライエン、ジョナサン・アダムス、ミート・ローフ、パトリシア・クィン、リトル・ネル


  1. 2005/04/19(火) 08:16:38|
  2. 映画と音楽:好きなテーマ曲・サントラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。