★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

日曜はダメよ

20070117021109.jpg

日曜はダメよ/POTE TIN KYRIAKI
1960年・ギリシャ映画
監督:ジュールス・ダッシン
出演:メリナ・メルクーリジュールス・ダッシン、ジョージ・ファウンダース

かっこいいお方!”ギリシャの太陽”。メリナ・メルクーリは歌う女優さまでもあるけれど、『日曜はダメよ』は女優さまとしての代表作のひとつだと思う。主題歌も有名♪監督はアメリカ人のジュールス・ダッシン。当時の赤狩りでヨーロッパで活動していた頃のもの。おしどり夫婦でメリナ・メルクーリが1994年に亡くなるまで活動を共にしていた。この映画はユーモラスな恋愛ドラマ。堅物の考古学者ホーマー(ダッシン)は粋な娼婦のイリヤ(メルクーリ)に恋をする。イリヤはギリシャの港町の人気者。日曜日だけは大好きなギリシャ悲劇を観に行くためにお仕事はお休み。そして、酒場で気に入った男性だけを招いてウーゾというギリシャのお酒を飲みながらパーティーを開く。この映画は冒頭からメルクーリの魅力に溢れているのだけれど、名場面のひとつは酒場で見られるグリーク・ダンスのシーン。ブズーキと呼ばれるギリシャの民族楽器をバックに、肩を組み上半身は動かさずに首と下半身だけで踊るもの。きっと難しいだろうなぁ~と思うけれど、観ていてとっても楽しい場面。イリヤは無学ながら数ヶ国語を話せる。それはお客の男性達から学んだものだと颯爽としている。対照的なホーマーは教養豊かながら人生を楽しめないアメリカ人。さり気なく母国の批判も見え隠れする。

ジュールス・ダッシンの息子さんは、70年代のシャンソン界のスターであるジョー・ダッサン(先妻さんとの間の息子さんで、惜しくも1980年に42歳で他界されている)。あまり有名ではないけれど娘さんのジュリー・ダッサン(ブリジット・フォンテーヌの初期の作品にも参加されてる)もいらっしゃる。ややこしいけれど、監督はハリウッドで40年代から映画を撮っていて、赤狩りでヨーロッパに。ギリシャが軍事政権にあった時期はメルクーリ共にアメリカに一時渡米(亡命)。この映画はアカデミー賞にもノミネートされアメリカでもヒットしたので、世界的にアメリカ読みの父、フランス読みの息子たちとなったのだろう...。激動の時代をこの夫婦は軽やかでいながらも一貫した意志の強さを感じさせる。それにしても、メルクーリの笑顔、大きな笑い声を聞くと元気になれる。

20070117020603.jpg
スポンサーサイト


  1. 2007/01/16(火) 01:52:07|
  2. 恋愛ドラマ・ラヴロマンス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

エム・バタフライ

20070115033335.jpg
エム・バタフライ:M. BUTTERFLY
監督:デヴィッド・クローネンバーグ出演:ジェレミー・アイアンズ、ジョン・ローン、バーバラ・スコヴァ、アイアン・リチャードソン(1993年・アメリカ映画)

この作品は公開当時から何度観ているだろうか。監督はカナダの奇才!デヴィッド・クローネンバーグで、主演はジェレミー・アイアンズ。このコンビは80年代には『戦慄の絆』でも名コンビぶりを発揮していた。オスカー受賞後もアイアンズは色んな役柄に挑戦し続けている。しかし、このような崩れゆく悲哀、憑かれた知的な役柄をさせると右に出る者はいない!と評される英国を代表する演技派。ジョン・ローンの女装という事でも当時話題になった。ジョン・ローンの女装は個人的には好みではないけれど、長身のアイアンズと小柄なジョン・ローンの共演は興味があった。しかし、この作品はクローネンバーグの世界炸裂!演出の突出した秀逸さ、そして、アイアンズの演技の素晴らしさ!に尽きるように思う。実在のお話を基に、デヴィッド・ヘンリー・ホァングの原作をクローネンバーグが脚色したもの。舞台劇として先に上演され映画化の運びとなった。フランス大使館の外交官ルネ・ガリマールが中国人女優のソン・リリンに惹かれて行く。プッチーニの『蝶々夫人』。ガリマールには美しい妻がいるが、ソンを一度も男性とは疑わずに女性として魅せられて恋に堕ちる。ソンは当局の任務を受けたスパイ。ガリマールは奥ゆかしい東洋人女性を純粋に愛し続けた。後半からの展開、さらに裁判にかけられ受刑者となるガリマール。「私はルネ・ガリマール、またの名をマダム・バタフライ。」蝶々夫人はソンではなくガリマールであったという、大きな錯誤、逆転する世界。もうクローネンバーグ&アイアンズならではの美学に花散る。「私は、男が作り出した女を愛した男だ。私はそのまま想像の世界にとどまる。私は想像力そのものなのだ。」とガリマールは顔に粉化粧をし紅を塗り、蝶々夫人を演じながらガラスの破片で首の静脈を切り自決する。現実と幻想を飛び越えた狂気の最期。壮絶さと醜悪さの混在する死に至る美しき男の美学!なんたる愛のロマンか!!

20070101180957.jpg


続きを読む→
  1. 2007/01/01(月) 17:51:27|
  2. 恋愛ドラマ・ラヴロマンス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:14

恋愛適齢期

2006-02-06.jpg

恋愛適齢期:SOMETHING'S GOTTA GIVE
2003年 アメリカ映画 ナンシー・マイヤーズ監督

出演:ジャック・ニコルソンダイアン・キートンキアヌ・リーヴスフランシス・マクドーマンド、アマンダ・ピート

ちょっと書きかけのままにしていたので日時はとっても疑わしいけれど、この映画が放送されるとツイツイ観てしまう。公開前の予告編で知っていたけれど映画館では観れずレンタル屋さんでお借りしたのが最初。ダイアン・キートンは好きな女優さまだし、ジャック・ニコルソンとの共演(お久しぶりではないだろうか?)、そしてお二人に比べるとずっとお若いキアヌ・リーブス。これは楽しそう~♪と。でも予感以上のものだったように思う。

兎に角、エリカ役のダイアン・キートンがハツラツと素敵!もうお一人、エリカの妹ゾーイ役のフランシス・マクドーマンドも出ていたので嬉しかった。そして、ハリー役のジャック・ニコルソン、シュっとした感じの良いハンサムな医師ジュリアン役のキアヌ・リーヴス。エリカは20年前に離婚し恋など無縁であるかの様にお仕事や趣味に生きている50代女性。ハリーは63歳で独身、ロマンスのお相手は30歳以下の気楽に付き合える女性とばかり。エリカの娘マリン(アマンダ・ピート)の恋人という始まりから意外な結末に・・・。

このちょっとした三角関係。各自が初めての体験で術を知らないのだ。エリカはハンサムで爽やかなジュリアンとのロマンスにより、忘れていた感情を無意識に感じ始め美しく輝いていく。しかし、最初は喧嘩したり揉め事が多かったハリーに恋してしまう。ハリーも今まで軽いお付き合いが出来る20代女性とばかりデートしていたので、エリカとの恋をどうしていいのか分からない。この映画が面白いのはこの50代、60代の男女が初めての体験(ケース)の恋に落ちること。それに名優お二人なので何か安心して観ていられる・・・(というと偉そうな言い方かも?)そして、ジュリアン青年医師の優しくさり気なく身を引くあの寛大さ。こういう役のキアヌ・リーヴスが好きだなぁ~なんて思う。

ナンシー・マイヤーズ監督の撮影秘話をインタビューで少しお聞き出来たけれど、最初からこの「エリカ役はダイアン・キートンしかいない!」と。そして、「ジャック・ニコルソンは楽器のように自分を調律できるの。」また、「彼はアップの天才ね!」という様なお話をされていた。そうだなぁ~あの『シャイニング』のアップの怖かったこと!!かと思えば『愛と追憶の日々』の様に控えめな名脇役として印象を残すことの出来るお方。

後の情報によると、この撮影がきっかけでダイアン・キートンキアヌ・リーヴスは実際に交際が続いているとか?真相は分からないけれど共演者と恋に落ちてきたユニークで素敵なダイアン・キートンだもの。地味かもしれないけれど観終えた後の気分の良い映画。恋愛に年齢は関係なく、いつそんな瞬間が訪れるかも分からないのだなぁ...素敵だなって思う。エンディングで流れる『バラ色の人生』(ジャック・ニコルソンが歌っている)もイイ感じ。


  1. 2006/02/06(月) 08:05:21|
  2. 恋愛ドラマ・ラヴロマンス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

陽のあたる場所

2005-05-02.jpg

陽のあたる場所:A PLACE IN THE SUN
1951年 アメリカ映画 ジョージ・スティーヴンス監督

出演:モンゴメリー・クリフトエリザベス・テイラーシェリー・ウィンタース

エリザベス・テイラーってお若い時は本当に美しい!全く興味のなかった理由も自分で何となく分かっているのだけれど、次第に魅力にうっとりする今日この頃。往年の多くのファンの方々が麗しの"リズ"と讃える魅力は実は容姿だけではないとも感じている。

この暗く重いテーマの映画「陽のあたる場所」の頃、エリザベス・テイラーは18.9歳。可憐なのはお声にも言える事。そして、どこか弱い女性。ここで扮するのは富豪令嬢アンジェラ役。モノクロームな映像に映える白や黒のお衣装も実に美しい!そして、主役はかのモンゴメリー・クリフトだ。このお方は40代の若さで亡くなっているので作品は多くは残っていないのが残念で仕方がない。ハンサムなのだけれど私の好きな翳りがあり、かつ繊細さが演技の中でも充分に発揮されている。貧しい青年ジョージ役、見事!としか言えない感動なのだ。あの様な演技が出来るお方であの美形。年老いたお姿も見たかった...と惜しい名優様だと思えてならない。

哀しい結末、成就せぬ恋愛...そこには階級社会の壁、そして宗教観など安易に悲恋の物語と語るにはあまりにも複雑で重いものがある。それらの軋轢と青春像とをとても繊細に描き出していて、最後まで名場面いっぱいなのだ。素晴らしい!

この美男美女お二人と、正しく名優!キャサリン・ヘプバーンの豪華な共演作「去年の夏、突然に」も好きな作品なので、また観たくなってきた。しかし、この「陽のあたる場所」のDVDジャケットは雰囲気伝わらないような...、もっともっと映像の方が素敵なので。


  1. 2005/05/02(月) 05:53:53|
  2. 恋愛ドラマ・ラヴロマンス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

天使の肌

2005-03-15.jpg

天使の肌:PEAU D'ANGE
2002年 フランス映画 ヴァンサン・ペレーズ監督

出演:モルガーヌ・モレギョーム・ドパルデュードミニク・ブラン、カリーヌ・シラ、マガリ・ヴォック

タイトルとヴァンサン・ペレーズが監督というので気になって観た。ペレーズは「インドシナ」(カトリーヌ・ドヌーヴも素晴らしい!)や「王妃マルゴ」(イザベル・アジャーニも素晴らしい!)が好きかな?最近はハリウッド作品でも活躍している男優さん。「愛のめぐりあい」ではイレーヌ・ジャコブと共演していた。観る度に頭髪が薄くなっていらっしゃるけれど、何か印象を残す。

この作品はペレーズの奥様のカリーヌ・シラと共同の脚本による初監督作品のようだ。ドミニク・ブランは脇役ながらここでも素敵だった。でも、主役アンジェル役の女の子が素朴で透明感があって可愛かった。初めて知ったお方でモルガーヌ・モレという女優さん。優しい顔立ちと純粋な役柄がピッタリだった。

貧しい生家(田舎町)から家政婦として働きに出る事になるアンジェルが恋をする。たった一夜限りでその男性グレゴワールはその土地からアンジェルに別れも告げずに離れるのだけれど、アンジェルはずっと彼を思い続ける。あまりにも一途でひたむきな恋心。グレゴワール役はギョーム・ドパルデュー(ジェラール・ドパルデューの息子さん)でやっぱり何か大きな鼻とか体型など苦手なのだ。彼は「ポーラX」で有名だろうか。いつもの如く、こんな調子で可愛いアンジェルを眺めていた。天使の様な女性なので最後は天に召されてしまう...。

お話展開よりも、チョコチョコと流れる音楽に嬉しくなるのだった。先ず、レ・リタ・ミツコ!そして、アンジェルも歌うバルバラの「小さなカンタータ」で「わぁ~!」って嬉しくなった。そして、渋い聴いた事のある男性のお声...アラン・バシュンだったり。そして、最後はバルバラ自身が歌う「小さなカンタータ」で終えるのだった。映画が引き締まる様に感じた。セレクトさせていた挿入歌の趣味が好みに合った事で、ヴァンサン・ペレーズのポイントがアップした気がする。実に単純だけれど。

アンジェルが妻殺しの夫の共犯者として刑務所に送られるのは不当で、そんな事をも受け入れてしまうというか怒りを表さない、常に心の平静さを保つアンジェル...こんな美しい優しい心は悲しみと短い人生だった。でも、彼女のリンゴの髪の香りはグレゴワールの閉ざした心に優しく伝わって行ったようだ。



  1. 2005/03/15(火) 03:07:37|
  2. 恋愛ドラマ・ラヴロマンス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トーク・トゥー・ハー

2005-02-27.jpg
トーク・トゥー・ハー:HABLE CON ELLA
2002年 スペイン映画 ペドロ・アルモドバル監督

出演:ハヴィエル・カマラ、レオノール・ワトリング、ダリオ・グランディネッティ、ジェラルディン・チャップリンカエターノ・ヴェローゾ

いつもながら奇抜で独自の愛と性を描く監督さんだと考え込んでしまった。「オール・アバウト・マイ・マザー」もとても良かったけれど、この「トーク・トゥー・ハー」も良かった。でも、かなりの問題作だと思う。何か全てに納得出来ないけれど、この様な愛のかたちがあってもいいと思うし、実際あるだろう。

バレリーナのアリシア役のレオノール・ワトリングはとても可愛いお方だ。一方的に恋していた主人公のベニグノは看護士で、事故で4年間昏睡状態となる彼女を優しくずっと介抱し、彼女の好きな映画を観に行ってはその感想を報告する。綺麗に身体を拭きお化粧もしてあげる...意識は無い彼女なのに。あるサイレント映画がきっかけで、まさか!?の行為を彼は犯す。ここが問題...。良いとか悪いとか、そういう事は考えたくない。この様な「愛」もあると。彼は心から彼女を愛していたのだろうから。でも・・・?

同じ境遇に遭う友人マルコの「愛」もある。こちらは理解しやすいのかもしれない。この映画は犯罪を問うたものではない。最後にベニグノは自らの命を絶つ。蘇生したアリシアの事を知らされないままに。彼の事をストーカー的変態と評するお方もいるだろう。それ程、強烈なお話展開なので。でも、ふと、エドガー・アラン・ポーや川端康成の描いた小説が脳裏を掠めたりする私は、この映画は好きだと言える。

スペイン映画と言えば、カウロス・サウラ監督の「カラスの飼育」はとても、とても大好きな映画。その中でアナ・トレントちゃんのお母さん役を演じていたジェラルディン・チャップリンが出演されていて嬉しかった。個性的な好きな女優様。ドミニク・サンダ様と共演された「二人の女」、もっと古くは「ドクトル・ジバゴ」等好きな作品に多数出ていらっしゃる。かのチャップリンの娘さんでもある。

音楽も(カエターノ・ヴェローゾなど)素晴らしく効果的だった。覚えにくいお名前だけれど、マルコ役のダリオ・グランディネッティというお方を初めて知った。舞台を観ながら泣くシーンがとても印象に残っている。ベニグノの棺にはお母さんとアリシアの写真を一緒に入れてあげたと語る。ベニグノにとって、愛した女性はこの二人だったのだから。純粋過ぎる事の罪でもあるのだろう...不思議な優しい映画だ。


  1. 2005/02/27(日) 02:47:19|
  2. 恋愛ドラマ・ラヴロマンス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

恋愛日記

2005-02-11.jpg

恋愛日記:L'HOMME QUI AIMAIT LES FEMMES
1977年 フランス映画 

監督:フランソワ・トリュフォー 出演:シャルル・デネナタリー・バイブリジット・フォッセー、ジュヌヴィエーヴ・フォンタネル、ネリー・ボルゴー

トリュフォー監督も好きな監督なので好きな作品はとてもいっぱい。この「恋愛日記」は中でも凄く好きでもない。でも、面白く観てしまう。

主人公のプレイボーイなベルトラン。彼は常に女性に執着していて...まぁ「女好き」とか「女たらし」という男性。それは本人の全く意識してではなく本能なのか?女性の私には分かり得ない何かがあるのかもしれない。個人的にこの様な男性は嫌いだけれど、このベルトランなる男性の女性遍歴、トラブルや数々のエピソードがテンポ良く描かれていて、すっかり面白く観てしまうのだ。流石!トリュフォーというところ。

このベルトラン、遂にはこの自らの恋愛体験を小説にしてしまう。その本のタイトルは「恋愛日記」。この時期のトリュフォー作品によく出ていたナタリー・バイや、ブリジット・フォッセーも出ているのだけれど、私は中でもジュヌヴィエーヴ・フォンタネルがお気に入り。少しマリー・ラフォレとマリー・トランティニィヤンを足してどうにかした様な個性的な美人。

ベルトラン役はシャルル・デネ。エラの張った角張ったやや神経質そうなお顔立ち。この方も好きな作品に色々顔を出しているお方である。「黒衣の花嫁」「私のように美しい娘」(トリュフォー)、「マイ・ラブ」「愛よもう一度」(ルルーシュ)や「死刑台のエレベーター」や「Z」など...。

最後はこのベルトランは死んでしまうのだけれど、そのお葬式には関わった女性達がみんなそれぞれの面持ちで別れを告げる。結局みんなに愛されていた、何とも幸せな男性。特にこのシーンが愉しく滑稽にも思えた。

以前、ある知人から聞いたお話を思い出した。その女性もお付き合いしていた男性は自分の彼女だった方のお写真を貼って保存しているという!何とも気持ち悪い~と思ったものだけれど、この映画を観るとその男性もきっとそれぞれの女性を彼なりに愛していたのだろう?...とか。色んな性癖を持つ者、変わり者は多いのだ。


  1. 2005/02/11(金) 18:06:56|
  2. 恋愛ドラマ・ラヴロマンス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

グラン・プリ

2005-01-16.jpg

グラン・プリ:GRAND PRIX
1966年 アメリカ映画 ジョン・フランケンハイマー監督

出演:イヴ・モンタンジェームズ・ガーナー三船敏郎エヴァ・マリー・セイントフランソワーズ・アルディ

あまりカーレースは詳しくないけれど、とても迫力のあるシーンがいっぱい。音響も素晴らしく臨場感溢れるもので、スリリングだった。

元々は、イヴ・モンタン三船敏郎、さらにフランソワーズ・アルディという好きな人達が出演していると知り観たものだ。他にも豪華なメンバーが揃って華やかだ。レースを中心に、レーサーのそれぞれの恋愛なども描かれていて長時間作品ながら退屈さはなかった。車好きの方ならもっと楽しめる映画だと思う。

よく分からないけれど、猛スピードで命がけのレースに挑む男達の美しさを感じた。レースが終わるとそれぞれの日々の苦悩や葛藤などもあるのだけれど、どんなに事故で大怪我をしても、彼らは次のレースにチャレンジしていく。グラン・プリを目指して。

イヴ・モンタン三船敏郎という、フランスと日本を代表する名優の顔合わせ!個人的にとても好きな方々なのでそれだけで観る価値があったと思う。タイプは違うけれど共に渋い存在感を漂わせていた。



  1. 2005/01/16(日) 14:56:56|
  2. 恋愛ドラマ・ラヴロマンス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。